誕生石を身につけて運気アップ

誕生石を身につけて運気アップ!?誕生石の選び方やその効果とは

誕生石をご存知ですか?1月から12月まで、それぞれの月に割り当てられた宝石のことで、自分の生まれ月にあたる石を身につけると、幸運を呼び寄せるといわれています。

そこで今回は、誕生石の身につけ方や選び方、月ごとの誕生石やそれぞれの意味についてご紹介します。

関連記事
>>パワーストーンで開運したい!効果的なパワーストーンの選び方
>>風水の必須アイテム水晶で開運!!水晶の活用法を知ろう!

誕生石とは

誕生石とは、生まれた月にあてて定められた宝石のことで、身につけるとそれぞれの石が持つパワーによって守られたり、助けられたりすると信じられています。

誕生石を身に着ける習慣は、18世紀のポーランドの宝石商人が仕掛け人だといわれていますが、起源と由来は諸説あり、バビロニア星座石から、旧約聖書の出エジプト記から、新約聖書のヨハネの黙示録から、の3つが有力。

誕生石は国や地域によってバラバラでしたが、1912年にアメリカで開催された米国宝石組合大会にて統一され、1958年に改訂。現在の基準となっています。

日本の誕生石が発表されたのは1958年。アメリカのものを基準にし、国内事情を反映させて少し修正が加えられています。

誕生月別の誕生石

それではさっそく、誕生月ごとの誕生石と、その意味について見ていきましょう。

1月(ガーネット)

ガーネットは、ザクロ石という和名で、ざくろの実のような深みのある赤色のある石です。実りの象徴と考えられ、積み重ねてきた努力を成功へ導きます。

治癒石として十字軍の兵士はお守りとして身につけていたことから、健康効果もあります。受験や試験、勝負時のお守りに。恋愛成就にも〇。子宝に恵まれる絆を深めます。

精神力を強めたり、勇気や情熱を呼び起こしたい時にピッタリの石です。

2月(アメジスト)

アメジストは、ギリシャ神話に登場する少女の名前に由来しています。日本では紫はもっとも気高い色と考えられており、位の高い人しか所有することができませんでしたが、現在では比較的購入しやすい石のひとつです。

邪気を払い、厄払いのお守りに最適。安眠効果、悪習慣を断ち切りたい時に。真実の愛を守り、恋愛成就にも力を発揮するといわれ、幸福や夢を与えてくれる石です。

3月(アクアマリン、ブラッドストーン、サンゴ)

アクアマリンは、その名の通り海の象徴で、船乗りたちの間では、航海安全や豊漁のお守りとして大切にされてきました。海のような深い癒しと、優しい気持ち、健康長寿や富をもたらすといわれています。

また、別名天使の石とも呼ばれ、子宝や幸せな結婚などの、繁栄をもたらす石としても人気があり、結婚前の女性への贈りものとしても喜ばれています。

ブラッドストーンは、ジャスパーの一種で、名前は赤い斑点が血を連想させることにちなんでいます。献身を象徴し、気力を充実させ、純粋な魂を守ります。

目標に向かってまっすぐ進みたい、困難にあってもくじけずに乗り越えたい人におすすめです。身につけることで持ち主の魅力が上がるともいわれています。

サンゴは日本特有の誕生石です。古くから日本では、子宝や長寿のお守りとして用いられてきました。厄除け効果があり、生命力を高めて健康をもたらすといわれてます。

4月(ダイヤモンド、水晶)

婚約指輪や結婚指輪の定番、ダイヤモンド。地球上でもっとも硬く、美しく輝き、希少性が高いことから、永遠の愛を誓う贈り物としてふさわしいとされており、不変と永遠を象徴します。

持ち主のエネルギーと思念を強く増幅させるパワーがあり、成功や不変の絆を呼び寄せるとされています。

水晶は、あらゆるものを浄化し、直感力や創造力をはぐくむ、万能な石として用いられてきました。古来より、その強力な浄化作用から、魔よけや呪術などにも使用され、潜在能力やエネルギーを高めてくれるとされています。健康、願望成就、才能開花にも効果的です。

5月(エメラルド、ヒスイ)

クレオパトラが愛した石として有名なエメラルドは、ドクターストーンと呼ばれるほどの再生能力を持ち、古代では治癒石として重宝されてきました。愛を叡智を授け、平和や変わらぬ愛の象徴とされています。

恋愛成就や幸福を願う、結婚や長寿を祝う際の宝飾品に最適です。

ヒスイは東洋の宝石と呼ばれ、日本や中国では昔から大切にされてる宝石です。健康長寿や家内安全、事業繁栄、人生の守護や繁栄を願う時に欠かせない石で、奇跡の石、魔法の石と呼ばれてきました。

災いから守る効果、冷静さや忍耐力を与え、福を呼び込む石とも伝えられており、人生全般のお守りとしてもおすすめです。

6月(ムーンストーン、真珠)

ムーンストーンは、雲の間からのぞく月光を連想させることから、月の力を宿した石とされ、恋人との関係を深めたり、出会いを引き寄せる効果があるといわれています。恋人たちの石とも呼ばれ、恋人たちが互いに贈ると、永遠の幸福をもたらすとして、恋愛成就のお守りとして人気があります。

また、直感力や感受性を豊かにしてくれる効果も。

真珠は、健康・富・純潔・長寿の象徴と考えられており、若さと健康をもたらすといわれています。子宝や、安産を願う時のお守りとしてもおすすめです。

7月(ルビー)

鮮やかな赤色が魅力的なルビーは、情熱や愛情の象徴。恋愛運や仕事運を高め、持ち主を成功へと導いてくれるといわれています。

結婚40周年記念日(紅玉婚)には、仁愛の証として情熱のルビーを、結婚52周年記念日(星条紅玉婚)には、永遠の愛の証として星の光を放つスタールビーを贈る風習があります。

8月(ペリドット、サードニクス)

イエローグリーンが美しいペリドット。イブニングエメラルドの異名を持ち、平和・幸福・希望の象徴と考えられています。精神を安定させ、あらゆる人間関係の改善に効果があるとされています。

負の力から持ち主を守り、内なる魅力を高める効果も。

サードニクスは、紅色と白色からなる直線状の縞模様をした石です。夫婦円満や愛の象徴とされ、幸福な結婚のお守りとして人気があります。親子や兄弟などとの絆を深める効果もあります。

9月(サファイア)

コランダムという鉱物の一種で、赤色のものをルビー、それ以外のものをサファイヤと呼んでいます。人気があるのはやはり青色のサファイヤ。冷静沈着な精神状態をもたらしてくれます。

知恵と理性の象徴といわれ、仕事や学業のお守りにおすすめです。

10月(オパール、トルマリン)

オパールは、新たな出会いをもたらす、変化の象徴と考えられています。そのため、引っ越しや転職など、大きな変化があるときにピッタリの石です。

恋愛成就にも効果を発揮し、幸せな結婚へと導く効果もあります。

カラーバリエーションが豊富なトルマリンは、異なる鉱物と考えられていたことから、その色によってさまざまな呼び名があります。美容の石として人気があり、ピンクは恋愛運アップ、緑はストレス解消に効果があるなど、色によっても意味が変わる石です。

11月(トパーズ、シトリン)

トパーズは、チャンスを引き寄せ、未来への希望をもたらします。希望・繁栄・知性の象徴とされており、中でもブルートパーズは知性を高める効果が。

古代エジプト文明では、太陽神ラーを象徴する太陽の宝石と呼び、災害から身を守ると信じられていました。

シトリンは、金運を高める石として人気があります。太陽のパワーを持つため、エネルギーをもたらし、ストレスを癒してくれます。商売繁盛に効果があり、新しく仕事を始める方や、事業拡大をしたい人などにおすすめです。

12月(ターコイズ、ラピスラズリ、タンザナイト)

トルコ石とも呼ばれるターコイズは、邪悪なものを遠ざける効果があるといわれ、旅のお守りとして用いられてきました。危険やマイナスエネルギーから守ってくれる効果があり、勇気を与え、幸福に導いてくれます。

ラピスラズリは、和名を瑠璃といい、深いブルーが魅力的です。直感力や判断力を高める効果があり、尊厳・健康・幸運などを象徴し、迷いを断ち切り、幸運へと導いてくれます

タンザナイトは、見る角度によって色が変化する多色性という性質があります。冷静な判断をもたらし、知性を高めるパワーがあるとされており、気分を前向きにして、人生を良い方向に導いてくれるのです。

効果的な誕生石の身に着け方

各月ごとの誕生石についてご紹介しましたが、誕生石の身につけ方は主に二つあります。一つは、スタンダードな自分の誕生石を一年を通して身につける方法です。

誕生石は、その月に生まれたあなたが、もっとも引き出しやすい能力を秘めていると考えられています。自分にとって相性がいいパワーストーンの一つなのです。

そしてもう一つが、月ごとに宝石を取り替えて身につける方法です。それぞれに割り当てられた誕生石は、その月が一番パワーが強まるとも考えられています。

ですので、3月はアクアマリン、4月はダイヤモンドを身につける、という風に、その月ごとに身につける宝石を変えるのもOKです。月によって変えることで飽きがこず、気分転換にもなります。今月は特に頑張りたいという月だけその月の誕生石を身につけるという方法もおすすめ。

また、月によっては誕生石が複数ある場合もありますが、すべてを揃えて身につけても良いし、1つだけでも、2つだけでも、身につける数は自由です。

また、自分の誕生石と、その月の誕生石を合わせて身につけることで、さらにパワーアップさせることもできます。

誕生石を選ぶ時はフィーリングが重要

お店などで誕生石を選ぶ時、同じ石の中でも一体どの自分にあっているのか悩むかもしれません。石を選ぶ時、一番大切なのは自分のインスピレーションでピンときたものを選ぶこと。

なんとなくでも構いません。素直に「いいな」と感じる石を選ぶことが重要です。いくつか気になる石があれば、実際に触ってみたり、身につけてみましょう。

触り心地良い、身につけた時にしっくりくるなど、相性の石は自然とあなたにフィットするはずです。この石を身につけることで、気持ちが明るくなる、リラックスできるなど、ポジティブな感覚があれば、それはあなたと相性が良い証拠です。

逆に、どんなに高価で素敵な宝石でも、なんとなく嫌な感じがする、触れた時に違和感があるなど、ネガティブなイメージがある場合は避けましょう

また、自分が落ち込んでいる時などに、お守り代わりとして誕生石が欲しい場合は、難しいかもしれませんが、明るくハッピーな気持ちで選ぶことがポイント。

ネガティブな感情のまま選んでしまうと、その石がネガティブな運気を引き寄せてしまう可能性があるのです。良いエネルギーをもった石を呼び寄せるためにも、あなた自身がポジティブであることが大切です。

誰かに誕生石をプレゼントするときは?

プレゼントとして誰かに石を選ぶ時は、その人の幸せを願って選びましょう。自分用の石を選ぶ時と同じように、ポジティブな気持ちで、贈る相手にピッタリだと感じる石を選べばOKです。

その人が喜ぶ姿や、幸せな表情を思い浮かべて、これだと思う石をプレゼントしてください。

注意しなければいけないのは、自分が身につけて効果があった、幸運がもたらされたからと、自分の持っている誕生石を他人に贈ること。あなたにとって相性の良い石が、相手にとって良いとは限らないのです。

一度自分のために選んだ石は、あなたのためだけに発揮するものなのです。

まとめ

誕生石は、あくまでも人が勝手に定めたものであり、自分誕生石以外のものを身につけても、その月の誕生石以外のものを身につけても、間違いということはありません。

一番大切なのは、自分が身につけて明るい気分になれるかどうかです。とても気に入った宝石であれば、どんな種類でも基本的にはOK。

宝石やアクセサリーを楽しむ一つの方法として、プレゼントを選ぶ目安として、ぜひ誕生石を身近に取り入れてみて下さいね。


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
開運習慣