花を飾って運気アップ

花を飾って運気アップ!手軽にできる花風水で開運する方法!

床の間や玄関など、花瓶に生けた花を飾る習慣を持っている人は多く、日本では花を身近に感じることがたくさんあります。何かの記念やお祝いにも使われることも多く、色とりどりの花はその場を華やかにさせます。

そんな明るい気持ちにさせてくれる花ですが、実は風水的にも開運効果があるのです。

そこで今回は、飾る場所や色などを意識することで運気をアップさせる、花風水についてご紹介します。キレイなお花の力を借りて、あなたやあなたの家族の運勢をアップさせていきましょう。

関連記事
>>風水の色と方角に秘められた力と効果!これだけ知れば完璧!
>>風水の開運法を一気にご紹介!風水開運法のすべて

花風水とは

風水では、花や植物などの生きたものは、「生気」という気を出し、気の流れを良くしたり、良い気を呼び込んでくれるパワーがあるとされています。悪い気を吸い取り、家の中の気の流れを改善し、陰陽のバランスを整えてくれる、まさにラッキーアイテム。

そんな、太陽と大地の恵みによって育まれた花のパワーを使った風水のことを、花風水と呼びます。

どんな花をどこに飾ればいいの?

花風水では、基本的にどんな花を飾っても、どこに飾っても運気を上げてくれる効果がありますが、中でも、生命力に満ち溢れる生花を飾るのがもっとも効果的。造花はまったく効果がないわけではありませんが、効果は生花の何分の一かくらいになります。

そして、お花の色も好きなものを選べばOKですが、おおまかに分けると、

・ピンクは恋愛運
・黄色は金運
・青は仕事運
・オレンジは対人運

に効果があるとされています。また、お花を飾る方角では、

・北は恋愛運
・西は金運
・東は仕事運と恋愛運
・東南は対人運

が良いとされています。また、方角に関係なく、

・気の出入り口である玄関
・気のバランスが乱れやすいキッチン
・悪い気がこもりやすいトイレ
・人が眠って運気を補充する過ごす寝室

などに飾るのもおすすめです。

これらはあくまでも代表的なもので、複数の運勢をアップさせる効果があるものや、お花の種類によっても効果が異なる場合もあるので、お花を選ぶときや、置き場所を決めるときの目安として考えてください。

一人暮らしで花を飾るスペースがないなどの場合は、花の絵や写真を飾るのも効果があります。そのときに使うフレームは、木製のものか、金運アップに効果的な金属製のものが良いとされています。

それでは、花風水でおすすめの開運効果の大きい花や、飾る場所などについてさらに詳しく見ていきましょう。

恋愛運アップのお花

花風水で恋愛運や愛情運をアップさせるには、やはり赤やピンクの色の花。なんといってもバラは、女性なら貰って嫌な気持ちのしない、恋愛の女王様的存在です。

赤は積極的な勇気が欲しい時にピッタリですが、赤みが強すぎると、楽観的になりすぎて相手をきちんと見ることができなくなってしまう場合があるので注意が必要です。

一方、恋愛に頑張りすぎて疲れた時、女性らしい柔らかな魅力が欲しい時はピンクの花が効果的。明るく素直になりたい時はオレンジ愛情で満たされたいときはイエローの花を飾ってみましょう。

また、結婚運を強化したいなら、ガーベラがおすすめです。花びらが長いガーベラは、人とのご縁を強くしてくれる陽の気が強い花です。陽があたる明るい場所に置くのが効果的。

他には、なじみの深いオニユリやテッポウユリ、気軽に買えて扱いやすいスカシユリなど、ユリも恋愛運アップに効果が期待できる花です。ピンク・白・黄色、の3色のユリを混ぜて寝室に飾ると、良い恋愛を呼び込むとされています。

恋愛運アップのお花を飾るのにおすすめな場所は、一番が寝室で、次が洗面所です。片想いや復縁を叶えたい人は、就寝前に少しの間、飾った花を見ながら、良い夢が見られるように祈ってください。ベッドに近い位置に置くと、より効果的です。

また洗面所は狭いことも多いので、一輪挿しでも充分です。鏡を見ながら「私は魅力的だ」と心の中や声に出すことで、出会い運がアップしたり相手からアプローチされる運気が高まります。

金運アップのお花

風水において、黄色は金運アップのカラーとして知られています。花風水でも同じく、黄色の花を飾ると金運アップの効果があります。金運に流れを発生させて、入ってきた良い運気を出て行かないようにブロックしてくれるのです。

実際はそうでもないのですが、太陽のある方に花が向くと考えられていたことからその名がつけられたヒマワリ。太陽を感じさせる黄色のヒマワリは、強い陽の気を持ち、金運を上げるパワーが大きい花です。夏限定にはなりますが、ぜひ飾ってみましょう。黄色と相性の良い西の方角に飾るとさらに効果的。

ただし、西に黄色を使いすぎると出費がかさみやすくなるため、西と相性の良い白い花を混ぜてみましょう。外側の花弁が白色で、中央の花弁が黄色になっている水仙は特におすすめで、風水では大きな幸運を象徴する縁起の良い花です。

ピンポンマムや、ラナンキュラスなど、お金に似た丸い形の花も、財運アップにピッタリの花です。

また、緑色の植物も金運アップをサポートしてくれます。緑は冷静さを取り戻し、浪費を抑え、先を読む力と判断力が養われます。一番おすすめなのが竹ですが、飾るのは難しいので竹林に足を運ぶなどすると〇。

さらに、寝室と玄関に黄色い花を飾るのも吉。なるべくドアに近い位置に飾るのがポイントです。

仕事運アップのお花

仕事運を高めたい人は、青い花を飾りましょう。花風水では、青色の花は緊張やストレスを緩和し、ここぞというときに冷静な判断力と決断力を与えてくれます。また、ネガティブな感情をリセットし、新たなスタートへと気持ちを切り替えてくれるため、転職をしたい人にもおすすめです。

青い花は、アジサイや朝顔、デルフィニウム、ワスレナグサなどがあります。

そして、おすすめなのは会社のデスクに飾ることで、ダイレクトに仕事運を上げてくれます。自宅に飾るときは、直感で自分がここだと思う場所に飾るとOKですが、思いつかないときは、仕事運や勉強運に良いとされる東の方位に飾ってみましょう。東と相性の良い、白やピンクの花もおすすめです。

対人運アップのお花

家族や他人との人間関係を快適にするのは、オレンジの花です。オレンジは赤ほど強くなく、黄色ほどまぶしくもない、目立つようで調和する、協調的な色。風水においてオレンジは、穏やかな火の色で、人の心をあたたかく明るくし、人間関係を良好にする効果があるといわれています。

オレンジ色のガーベラや、ナガミノヒナゲシキンモクセイなどを、相性の良い東南に飾ってみましょう。人との縁を強くし、人間関係をスムーズにしてくれるスイートピーもおすすめです。オレンジのスイートピーは、コミュニケーションを高め、さらに対人運をアップさせる効果が。

ただし、オレンジが多すぎると忙しい印象になり、疲れてしまうので注意が必要です。

緑や水色と組み合わせると相乗効果があります。

万能な白色の花

白い花は、純粋・潔白・清廉などを象徴し、強い浄化のパワーを持っています。また、どんな方角に置いても相性が良く、他の色の花と組み合わせて飾ると、他の色のパワーとの相乗効果を生み出します

おすすめなのは、白いお花を、玄関や窓など、外の世界と接する入り口に飾ること。悪い気の侵入を防ぎ、その場を常に浄化してくれます。

そして、寝室に飾っておくと、一日過ごして体の中にたまった、悪い気をリセットしてくれます。寝ている間に、あなたの中に溜まったストレスや、他人から受けた悪い念などを払い落としてくれるのです。

体の中からだけでなく、家の中の不浄なものも取り去ってくれる効果があるので、悪い気が溜まりやすいトイレや水回りなどの場所に置いておくのも効果的。

また、とにかく色んなストレスをリセットしたいときは、カーネーションがおすすめです。花風水では、カーネーションに強い浄化作用があるとされています。

花瓶はどんなものを選べばいいの?

お花を飾るための花瓶ですが、

・「土」の気を持つ陶器の花瓶
・「水」の気を持つガラスの花瓶

がおすすめです。陶器の花瓶の中でも、丸みを帯びた、安定感のある花瓶は金運や貯蓄運アップに適しています。ガラスの花瓶は恋愛運アップに効果的ですが、ガラス製品が多すぎると陰の気が増えてしまうので注意しましょう。

また、プラスチック製のものは「火」の気を持つため、良い運気を燃やしてしまい、逆効果になるためおすすめできません。軽くて使いやすいですが、なるべく陶器やガラスの花瓶を使うようにしましょう。

そして、花瓶を置くときは、直に置いてしまうと、せっかく呼び寄せたプラスの運気が下に流れてしまい、効果が減ってしまうため、布やコースターなど、花瓶の下に何か敷くのがポイントです。

花風水で注意するポイントは?

基本的にどこに飾ってもどんな種類の花を飾ってもOKなお花ですが、「生気」のないドライフラワーや、枯れてしまった花をそのまま飾っているのはNGです。

造花は効果がゼロではありませんが、ほこりが溜まってしまうと悪い気が出てしまうので、避けておいた方が無難です。

あくまでも、花風水はお花の生命の力、「生気」を使った開運方法です。枯れてしまった花は、「生気」ではなく「死の気」を出し、逆に運気を下げてしまいます

花瓶の水も毎日取り換えて、いつもキレイに清潔な状態を保つようにしましょう。古い水や、しぼんでしまったお花は悪い運気を呼び寄せてしまいます。

また、お花を飾った後に、花瓶だけ放置しておくのもNGです。空の花瓶をそのままにしておくと、そこに悪い気が溜まってしまうので、お花を飾らない時は、見えない場所に収納しておきましょう。

生花ではなく、鉢植えのお花も効果がないわけではありませんが、未婚の女性が飾ると将来の結婚相手との縁を吸い取り、結婚運がなくなってしまうとされているので、お花を飾るときは切り花を飾るようにしましょう。切り花でもアジサイは、鉢植えと同じ理由で未婚女性にはおすすめできません。

まとめ

お花は、部屋を明るく華やかにするだけではなく、さまざまな運気をアップする効果もあります。季節や気分に合わせて、色んな花を飾ってみましょう。

毎日お水をかえて、お手入れさえきちんとしていれば、お花の色や方角はそこまで気にする必要はありません。まずはあなたの好みの花を、お気に入りの場所に飾ることからはじめてみましょう。

見るだけでも心が明るくなったり、癒される効果がありますよ。


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
開運習慣