開運には日々の行動が大事?風水における開運行動について

開運には日々の行動が大事?風水における開運行動について

誰しも幸せになりたい、運気をアップさせたいと思うもの。実際、運が悪い人生がずっと続くのは想像するだけで嫌ですよね。

しかし、運というのは見えない気の流れのようなものであって肉眼で見ることはできませんし、元々その人が持っている運というものもあります。

そういったものは、人の手では変えようがないので受け入れるしかありません。ただし、それは自分が持っている運の話。

風水における開運行動を上手く日常に取り入れていけば、運を開いていくことができるのです。また、その年ならではの開運行動もあり、2016年の今年は土の気をベースにした運気アップの方法があります。

自分は運が悪いと思っている、そこのアナタ。開運行動を知って、運が良い人を目指してみませんか?

関連記事>>開運したいなら心構えと意識を変えよう!知りたい開運UP術

風水って何なの?

風水って聞いたことはあるけど、何をするのかわからない……そう思っている人は多いはず。

今から約4000年前に中国で発祥した、見えない「気」の力を利用した環境学といわれていますが今や日本でも深く浸透しているため、風水と名の付く書籍やアイテムが溢れており、難しいイメージを抱いてしまう人も多くいます。

簡単にいってしまうと、風水というのは環境が運を決める、というのを基本理念にしたものになります。

この環境というのは、インテリアや服装などラッキーアイテム、食べ物などラッキーフードを含めた衣食住、今回のメインとなる開運行動なる行動などが含まれ、要は自分を取り巻く環境全てを活用して自ら運を開き、良い方向へ変えていく指南書ともいえます。

参考記事>>風水の開運法を一気にご紹介!風水開運法のすべて

開運行動って難しくないの?

運を開ける、といわれても難しいことはしたくないものです。

開運行動についても、ラッキーアイテムを揃えたり、継続しなくてはいけないのかと考えると、興味があるならまだしも、仕事や家事に追われる生活の中で、あまり複雑なことはしたくないですし、続けられるかも微妙なところです。

しかし、開運行動はインテリアなど場所や方角を気にする衣食住の観点から行う風水よりも、簡単にできるジャンルになります。

普段、気にせずしていること、生活習慣の一部が開運行動に繋がることもあるのです。全て行わなければ運気が上がらないというわけでもないので、簡単にできることから試してみて下さいね。

普段でもできる開運行動7選

先にも触れたように、運を開けるといっても日常生活を送る上であまり難しいことはしたくありません。しかし、開運行動の効果は生活に取り入れ、尚且つ習慣にすることが大切になります。

仕事をしていたり家事や子育てなどをしていると、重要なことでも人はつい忘れてしまいがちです。習慣化するには、最初のうちに意識して行うことがポイントになります。

ここでは、そんな忙しい普段でも毎日できる開運行動を集めてみました。普段の何気ないことも開運行動に含まれているので、もしかしたら、すでに行っているかもしれません。

1日の始まりは、コップ1杯の水から

始まりの朝、1日の始まりに何をするかは人それぞれです。すぐに朝食を食べる人もいるかもしれませんし、着替えを済ませて身なりを整えてから1日をスタートする人もいるでしょう。

しかし、風水における開運行動として、まず行って欲しいのがコップ1杯の水を飲むことです。水を1日の始まりに飲むことで身体を清め、悪い物を外に出し、開運に繋がるとされています。

タイミングとしては着替える前、そして朝食を食べる前に行って欲しいところです。起床してすぐにご飯を食べてしまうと運気を下げてしまう原因になるとされているので、ぜひ身体の気を洗浄するのも兼ねて、水を最初に飲むようしましょう。

きちんと朝食を食べる

朝食をきちんと摂ることは健康に良いだけでなく開運行動にもなります。理由としては、朝という時間帯は物事が始まる時刻であり、その日の運気を左右する大切な時間帯にあたるからです。

また、朝食をきちんと摂ることは活動する為のエネルギーを補給し、1日の運を作ることに繋がります。寝坊したり、慌ただしい毎日を過ごしていると、つい朝食を抜いてしまいがちですが、良い運を開くためにも朝食は必ず摂るようにしましょう。

特にオススメの時間帯は6~10時の間。この時間帯に朝食を食べることで、1日に必要な気を十分に補給することができ、開運効果が高まるとされています。

ただし、朝食を摂れば運気が高まるというわけではありません。食材にも陰陽の気があり、朝から生の食材など陰の気が多い物やインスタントなど火の気が強い物を食べると、良い気が取り込まれず、やってきた運気を焼き尽くしてしまうことが考えられます。

バランスが大事なので陽ばかり摂る必要はありませんが、朝食の場合には火を通した食材や、フルーツなどの生物を食べる時は、スープなど温かい食べ物をつけて陰に偏り過ぎないように気を付けましょう。

顔を洗って開運を呼び込む

朝起きてすぐに水を1杯飲むのと同様に、朝、ポイントになってくる開運行動が洗顔です。汚れを水で洗い流すという意味で、肌をキレイにすると同時に厄を落とすとされています。

なるべく、起きてすぐに洗顔を行って欲しいところですが、無理そうな場合には拭き取り用化粧水でも構いません。

また、洗顔を行った後にメイクをしてしまう人もいますが、メイクは火の気があるとされており、洗顔後にそのまま洗面所でメイクを続けて行うことは洗面所の水の気を打ち消してしまうことになるので、風水では美容運が下がるNG行動とされています。

しかし、メイクは鏡がなければできないもの。もし、鏡が洗面所にしかないという場合には、洗顔後すぐではなく、その間に着替えや朝食を挟むなど連続して行わないようにすることが大切です。

身に付けるものに気を遣う

その人の第一印象を決める服装も、開運には欠かせません。身に付けているだけでも、それがくたびれていたり、清潔に保たれていなければ運気は下がってしまうのです。

そのため、服を含めアクセサリーや靴など身に付けるものには気を遣うことが大切です。開運に良い行動としては、自分が心地よいと感じる清潔感があるもの。

靴も磨いてキレイにしておきましょう。また、気を遣うという意味では、使用している服や靴にも休憩する時間を作ってあげることもポイント。

服なども連続で着ると疲れてしまうとされているので、汚れていないからといって、同じ物を2日続けて着ないようにして下さい。

リラックスできる時間を作る

仕事が忙しくなってくると、家に帰っても寝るだけという日もあるかもしれません。しかし、運を開くために、ホッと一息できる時間を作るようにしましょう。

時間は長くなくても構いません。リラックスできるのであれば入浴をする時間を当てても良いです。音楽を1曲聴いたり読書をしたり、テレビを視聴しても良いのです。

寝る前に、そうしたリラックスできる時間を作ることで、明日の分のパワーを充電し、良い運気を掴む源になるとされています。

暦、誕生日、行事を楽しむ

ひな祭り、子供の日、ハロウィンにクリスマス等々、日本にはさまざまな行事があります。実は、こうした季節ごとの行事を楽しむことも開運行動の1つです。

特に初詣やお花見、お月見など暦の行事は神様の恩恵を受けるといわれており、運を開くのに良です。

また、この行事には、結婚記念日や誕生日も含まれます。行事を楽しむだけでなく、家族だけの記念日をお祝いすることも開運に繋がりますので、是非、忘れないようにしたいものです。

掃除や片付けで悪い気を一掃

玄関やトイレを代表に、家というのは場所によって悪い気が溜まりやすいです。人が出入りするので、そのまま外からもらってきた悪い気を連れ帰ってしまうことが理由に挙げられます。

トイレのように汚物を処理することから、元々、悪い気が溜まりやすい場所もあります。また放っておくと、悪い気はどんどん溜まっていきますので、住まう人に悪影響を与えてしまいます。

そのため、自分で運を開いていくという意味でも掃除や片付けは大切なことです。掃除を小まめに行うことで、例えば玄関を綺麗にしておくだけでも気の流れが良くなるとされており、片付けをすることで気の流れをスムーズにします。

参考記事>>片付けるだけで開運できる!?風水を取り入れた簡単掃除術

使用しない物が溜まった場所は運気を下げるだけでなく、せっかく流れている気の流れを妨げてしまいますので、不要な物は捨てることも大切です。

2016年にしておきたい開運行動

風水には九星があり、それは年によって変わっていきます。つまり、開運行動の中には、九星に合ったその年にぴったりの行動もあるのです。

ちなみに、2016年は二黒土星の年で土の気を持っているとされています。そのため、開運行動は土の気をベースにしたことを行うのがポイントです。

2016年の開運行動については以下の通りになります。たくさんあるので全てを紹介することはできませんが、先に挙げた開運行動と同様に難しいものではないので、自分にできることから始め、開運に繋げていきましょう。

写真を飾ろう、整理しよう

思い出を形に残す写真。デジタルカメラにパソコンも普及している現在では、写真を撮ってもデータ保存で現像しない人も少なくありません。

しかし、今年は写真を現像して飾るのが開運行動になるので、これを機に是非行ってみましょう。

特に飾って欲しいのが運のベースである家族写真。子供の写真や夫婦の若かりし頃、家族全員揃った写真など家族写真はさまざまですが、飾る時は家族の歴史がわかるように飾るようにしましょう。

また、今年は写真整理も開運行動の1つ。昔の写真などアルバムを整理するようにすると、運のベースとなる土壌がより強固になります。

この時、アルバムを選ぶなら、できるだけ表紙がしっかりしたタイプが吉です。写真を飾るスペースがないという人は、アルバムをまとめてみましょう。

足下にこだわろう

土の気がベースになっている今年は、地を踏みしめる足下にこだわるのも開運に繋がります。こだわることで、足下から上がってくる運気が自身に入ってきやすくなるからです。

一番簡単なのは、履いて行く靴にこだわること。履き心地の良い靴や安定感のある靴を選ぶのがオススメです。

足下から運気を吸収するという意味で、足裏を柔らかくしておく事もポイントになります。硬いと運気が入ってこなくなるので、ボディクリームを塗ったり、定期的に足裏のマッサージを行うなどケアを怠らないようにして下さい。

自宅の場合には、足下から運気がやって来ることを考えて常に掃除を小まめに行い、土にあたる床を綺麗に保つことも大切です。

できるだけ外出をしよう

2016年は、単独よりも団体で行動するのがオススメの年。また歩くだけでも土の気を吸収するため、開運行動になりますからピクニックなど歩くイベントに参加するのもおススメです。

また、土に積極的に触れるようにするのも、開運に良いとされています。裸足で土や芝生の上をあるいたり、裸足は難しくてもガーデニングなどで花や野菜を育てるのもアリです。

美容に気を遣っている人はクレイパックをするのも良いです。遠出を考えているようであれば、オススメの開運スポットは温泉です。

温泉はその土地の気を吸収できるだけでなく、土を含む五行すべての気を吸収することができるベストスポット。温泉は無理であればスーパー銭湯などでも構わないようなので、外出で運気アップしちゃいましょう。

関連記事>>おすすめ開運温泉!温泉で体もポカポカ運気アップ

何事ものんびりしたスタンスが吉

外出をしたり、イベントに参加すると気が急いてしまう人っていますよね。スケジュールに余裕を持って進めていくために時として必要なことではありますが、今年は焦ってペースを乱してしまうのは禁物です。

土の気は、のんびりどっしりと構えている人に寄っていく傾向があるからです。また、土の気の性質上、肩の力が入ったり、意識が突っ張っていると土壌が固まってしまうという理由で、吸収がされにくくなります。

そのため、2016年は気が急いてしまう人は何事にも気持ち自然体でいることが大切です。そうしてリラックスできることで、肩に入った力もほどけ土の気も吸収されやすくなります。同じ理由から、意地を張らないこともポイント。

お腹周りを中心に身体を大切にする

身体を大切にすることも、開運行動になります。今年は、身体の中でもお腹や腸を大切にするようにしましょう。

お腹や腸内環境がそのまま運に直結しているからです。お腹周りは冷やさないように冷たい物を控え、腹巻などお腹を温めるようにすること、腸に関しては便秘も運気ダウンの元といわれているので早めに解消し、水を小まめに摂るなど腸を労わってあげて下さい。

また、身体は体幹を鍛えることもおススメ。体幹は身体の中心ですから、バランスボールなどで鍛えることで運も自身の土壌も強くなっていきます。ストレッチで身体を柔らかくしておくのも良いです。

この他にも開運の行動として、笑顔を忘れないこともポイントになります。やはり、目に見えない運も良い気も、普段からムスっとしている人のもとへは来てくれません。笑う門には福来るという言葉もあるように、日々の生活の中で笑顔は忘れないようにしたいです。

ここまでいくつかの開運行動を紹介してきましたが、以上のことを全て行ったからといって運が必ず開けてくるとは限りません。効果には個人差がある前提の上、行うことが大切です。普段、何気なくしている行動を振り返り、良い方向へ運の流れを変えていきたいですね。


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
開運習慣