秘密は財布だった?あなたの金運をアップさせる財布の選び方

秘密は財布だった?あなたの金運をアップさせる財布の選び方

「最近少し金運が悪いなぁ…。」「もう少し経済状況を安定させたいなぁ。」と考える人はたくさんいるでしょう。

お財布はお金にとっての住処や寝床ともいわれ、お財布の色や形、環境によって金運が変化するという話は誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか?

お札の入れ方から財布の形や色までさまざまな情報が流れていますが、実際のところ具体的にはどんな財布が金運UPに良いのか、どうして効果があるのかは知らずに、なんとなくの知識で財布を選んでいる方が多いと思います。

しかしその情報が間違っていたり正しく理解できていなくては、金運をアップさせるどころか知らない間に金運を遠ざけしまっているかもしれません。

ですが逆にきちんと理解して正しく風水の力を借りることができれば、今よりももっと良いお金の運があなたの元にやってきてくれるかもしれません。

そこで今回は、「金運をアップさせるためのお財布術」について詳しくご紹介します。

関連記事
>>風水で金運UP!!おさえておきたい住まいの環境3ポイント
>>金運アップは満月にお願いしよう!月のパワーでおまじない

金運をアップさせるお財布の選び方

自分にあった財布を選ぶことで、金運をアップさせたりさまざまな効果をもたらしてくれることが期待できますが、「その人に適した財布」というのは個人差があり、人によって全く異なるタイプのものになる場合があります。

ですので、安易に情報に惑わされて自分に合わないものを選ばないためにも、自分にはどんな財布をどのように持つのが適しているのかを知りましょう。

お財布を買うのには適した時期がある

生きていく上で、物事には『適したタイミング』が存在しています。それと同様にお財布を購入するのにも適したタイミングがあるのです。

またその人の生活状況や金運によっても適したタイミングが異なってくるので注意してください。

財布の購入に適したタイミング

2/4日の立春~3/4日の啓蟄までの【春財布】と呼ばれる時期
9/23日の秋分~11/24日までの【秋財布】と呼ばれる時期

上記の2つが一般的にも風水においても金運をアップさせる財布を購入するのに適したタイミングです。

購入する時期によりもたらす効果

春財布の時期…物事を発展させる力を得られたり、収入のアップに効果があります。

秋財布の時期…9月→「土」の季節といわれ、生活を安定させてくれる力や家庭運をあげる力、貯蓄運のアップに効果があります。

…10・11月→「金」の季節といわれ、お金の周りを円滑にしてくれたり、事業運のアップなどに効果があります。

このように時期によって得られるパワーの種類が異なってくるので、春財布も秋財布にも効果はありますが、その時の自分状況や願望にあわせて購入を検討しましょう。

お財布の色で効果的に金運アップを

お財布は色によっても与えてくれる効果がさまざまです。自分の求めている理想や好みに合わせて最適なお財布の色を選びましょう。

黄色

風水の中でも「金」の気を持っている色で、金運アップに効果があるといわれていますが、実際には『お金の回り』を良くしてくれる色なのです。

もちろん金運の巡りは良くなりお金が入ってくやすくなりますが、その分出費も増えて出入りが激しくなります。

お金は入ってもすぐに使ってしまっては、困りはしなくても貯めることはできません。浪費を抑えてやりたい場合には「土」の気を混ぜることで衝動を抑えやすくなるため、少し「黄土」がかった色の財布を選ぶとお金が安定してくれます。

他にもお金を増やしながら楽しみたい人は「パステルイエロー」などの淡い黄色をチョイスしてみてください。

金色

金色は、数ある色の中でもっとも強いエネルギーを持った色だとされています。そのため財布を選ぶ際にも、もっとも力を持っている色といえます。

この色の財布をもつことで直感が鋭くなったり、良い買い物ができたり、安定したお金の管理をしたい、貯蓄をしたいと思っている人により効果的です。

自分の持っている金の気を最大限に引き出し、財を与えてくれる力を秘めているので大変オススメですが、もともと浪費癖が激しすぎたりギャンブルなどが好きな人はこの色のお財布は避けてください。

ピンク

ズバリ玉の輿狙いであったり、他力本願で金運をあげたい人はピンクの財布を選びましょう。

ピンク色の財布は自分の周りの人間関係を良く導き、お金を育ててくれる色です。自分に夢や目標があり、必要なお金を貯めたいと思っている人にも有効です。

また突然運気をあげてくれることもあり、棚から牡丹餅的なラッキーな出来事を連れてきてくれることもあります。

人気もあり見た目にも綺麗な赤ですが、金運アップを望んでいる人には絶対NGとされている色です。

風水において赤い財布は「貧乏財布」ともいわれており、自分の本来持っているはずの金運や財を燃やしてしまい、出費を増やしてしまうといわれています。

見た目以外のメリットがない色なので、出きれば選ばないのが無難です。またオレンジ色も赤と同様の意味を持ち、良い効果が期待できないことからオススメできません。

金運をアップさせると言う意味では黒も効果的な色ではありますが、どちらかというと今あるお金や財産を守ったり、しっかり貯蓄をしたいと思っている人に向いている色です。

飛躍的に収入が増えるといった効果はありませんが、今の金運を維持して安定させてくれるため、既に仕事などで成功していたり、今の収入に満足している場合に使いましょう。

現状に満足しておらず、もっと上をと考えている人は黒以外を選ぶことをオススメします。

青や水色といった色は「木」の力を与えてくれる良い色で、仕事運などには良い効果をもたらしてくれますが、財布の色としては避けたほうが良い色のひとつです。

特にこの色の財布は女性が持つことで陰と陽のバランスが崩れてしまいがちになり、金運を消耗してしまう可能性があります。

使い方次第では逃げ道もありますが、基本的には入ってきたお金を流してしまう恐れがある色なので避けたほうが良いでしょう。

濃紺

現状に満足しているという方、特に変化を望んでいない場合は濃紺の財布を持っても大丈夫です。

黒にも近い色の濃紺は一応お金を貯める気も持ち合わせてはいるのですが、自分でしっかり貯蓄する意思を持ち合わせていないと効果を発揮してくれません

そのため自分で計画的に管理できない場合はオススメもできず、悪くは無いのですが「可もなく不可もなく」といった色といえます。

緑自体は悪い色ではないのですが、金運をあげる意味ではその力のない色です。

ですが再生のパワーを持っているので、出て行ったお金を自分の下に呼び戻してくれる力を秘めているので、堅実に仕事をして地道に努力ができる人には良い色といえます。

ただし一生懸命働いていなかったり、地道に努力ができない人が持っても意味が無いので気をつけましょう。

白の財布には清浄作用があり、お金を貯めこむ力を持っている色です。

またリセット効果もあるため、今の現状に満足しておらず金運の流れを変えたい、新しい金運を育てていきたいと思っている人に効果的です。

ただし白は汚れやすく、悪い物も吸い取ってしまう力をもっているため、汚れたり古くなりすぎると逆にお金が出て行ってしまうので、常に清潔な状態で綺麗に使用してください。

また、白い財布は購入後使用する前に、少し期間をおくことでお金を呼びやすくなるとされています。

金運をアップさせるお財布の中身とは?

お財布を買って満足をしていませんか?買った後の財布も使い方で金運への影響が大きく左右されます。理想の財布の中身に近づけて効果的に金運アップを目指しましょう。

お札をたくさん入れる

新しいお財布を手に入れたら、最初はなるべくたくさんのお札を用意して入れておいてください。

そうする事で財布がそのお金を記憶して、常にその状態をキープしようとお金を引き寄せてくれるからです。

どうしてもお札が用意できない場合はお札と同じサイズに切った紙を代わりにいれておいても大丈夫です。

お札は同じ向きにして逆さに入れる

お札は向きを揃えてあげないと、仲間はずれにされているように居心地が悪くなり出て行きやすくなってしまいます。

なので方向をそろえてやり、頭を下に向けてやることでお財布の中に留まり出て行きにくくなるといわれています。

お財布の中はシンプルに

油断するとつい財布の中にレシートを貯めすぎたり、カードでパンパンにしてしまいがちではないでしょうか。

財布がお札以外のものでパンパンになっていると、お金が入る隙間がないと判断されてそれ以上増えなくなってしまいます。

またプラスチックのカードは運気を下げるともいわれているので、カードは最低限に、レシートや領収証は貯めすぎずにまめに整理したり別の所にしまうようにしましょう。

またカードの枚数は4,6,8,12枚のいずれかになるようにすると良いです。

財布を休ませてパワーを回復させる

財布をバックの中に入れたままにしておくと、金運が消耗してしまいます。

そして日当たりのいい場所に置いたままにしてしまうと金運を燃やしてしまうため、できれば帰宅した後は財布をバックの中から取り出し、寝室の北側にある引き出しやクローゼット、箱の中などの暗いところで保管してあげて下さい。

また、満月などの日に、月のパワーを借りて浄化する方法もあります、金運アップは満月にお願いしよう!月のパワーでおまじないの記事に詳しくご紹介していますので、是非試してみて下さい。

お財布には寿命がある

どれだけ良い時期に自分にあった財布を購入して大事に使っていたとしても、風水では財布に「寿命」が存在します。

寿命は約3年(1000日程度)とされており、その期間をすぎて寿命を迎えてしまった財布では金運をアップさせる効果は期待できません。

しかしその財布がとても気に入っていたり、大事でまだ使いたいという場合は、使用していた年数と同じ期間財布を寝かせてやることによりパワーを回復させてやる事が可能です。

しかし長く使っている財布はどれだけ丁寧に扱っていたとしても痛んでしまうため、痛んだ財布では十分な効果を期待する事ができないので、なるべく3年を目安に新しい物に買い換えましょう。

もし使用はしないけど記念に保存して置きたい場合は、財布の中身を空っぽにせず、小銭でもいいので中身をいれて保存して下さい。

財布の寿命の見極め方

ここで注意しなければいけないのが、3年未満でも財布が寿命を迎える場合があることです。

どうしても財布は日常的に使用されるため、普通に使用していても段々痛んでいってしまいます。

そのため3年未満であっても財布の金具やファスナーが外れたり壊れてしまったり、表面や中身がボロボロになってしまった場合はもう効果が期待できず、使用にも不便なので新しい物にしましょう。

また新しい財布にしてからあからさまに金運が悪くなった気がしたり、パワーがなくなったと感じたり、財布の中身を盗まれてしまうような事が起きてしまった場合は、その財布はあなたにあっていなかったり良くない影響を与えてしまうものの可能性があるので、早急に使用するのをやめ、新しい財布にして下さい。

そしてもう一つの大事なポイントは、今現在で借金があったり、金運に異常に恵まれていないと感じている人は3年をまたず「1年ごとに」財布を買い替えて下さい。

金運の巡りが悪すぎる人は「金毒」と呼ばれるマイナスの影響を与える「厄」が溜まってしまっている場合が多いのです。

金毒を引き寄せている状態では財布のパワーの消耗が激しく、少しでも金毒を落としたり新しい「良い気」を取り入れるためにも、1年ごとに財布を新しくして金毒を遠ざけるようにしてください。

あまりにも異常だと感じる場合はお財布だけではなく、厄落としのお参りなどに行き、少しでも早く溜まった金毒を遠ざけることを意識してみましょう。

自分の目的と好みに合わせて自分だけのお財布選びを

金運アップに効果があるお財布事情についてお話してきましたが、どれだけ自分の目標に見合って、最適な時期にお財布を手に入れたとしても、自分の好みと違いすぎて嫌々使っていたり、気に入らないからと適当に扱ってしまってはせっかく得られるはずの効果も得ることができません。

逆に自分が気に入って大切にできる財布を選べたのなら、それはあなたにとって相性が良く、高いパワーを与えてくれるお財布のはずです。

自分の目的にも合い、気に入る財布を見つけるのは時間がかかるかもしれませんが、自分にとっての人生を左右する大事なパートナーを選ぶつもりで、あなただけの特別なお財布を捜してみてください。

自分にぴったりのお財布と出会うことができたなら、そのお財布はあなたの金運をあげるために大きなパワーを与え、手助けをしてくれるはずです。


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
開運習慣