風水の開運法を一気にご紹介!風水開運法のすべて

風水の開運法を一気にご紹介!風水開運法のすべて

開運と聞いて真っ先に、風水を思い浮かべるという方は少なくないのではないでしょうか?風水は気の流れを整えることで開運できるとの考えを持つ開運法ですが、ネットなどでも色々な風水開運法が紹介されています。

ですが、どれから始めればいいのかというのが正直なところです。また、色々な方の紹介があり、どれが本当なのかというのも気になるところです。

ここでは、そんな気になる風水の開運法を一気に紹介していくことにしましょう。これであなたも風水開運法をすべて知ることができちゃいますよ。各ジャンルごとに分けてご紹介します。

関連記事>>風水で金運UP!!おさえておきたい住まいの環境3ポイント

風水で基本となる掃除

風水では、汚いものには悪い気が溜まるという考えがあるため、まずは掃除が基本です。「どの程度掃除すればいいの?」という疑問を持つ方もいますが、きれいならきれいなほど良いとされています。

ただし掃除をし過ぎてあなたが疲れてしまうと、それも悪い気の原因になってしまいますので、毎日程よく掃除をして清潔を保ちながら、出したものはしまうなど、いつも綺麗にするという心がけをもって過ごすことが一番です。

関連記事
>>片付けるだけで開運できる!?風水を取り入れた簡単掃除術
>>○○を掃除すれば即開運!?風水であなたの運気をあげよう!

風水を取り入れたインテリア

風水はそう単純なものではありませんが、インテリアで開運していくための基本3ステップがあります。

まずは気の入り口である玄関、次に寝室、3つ目はリビングの順に風水の基本を取り入れて開運につなげていきましょう。

風水では玄関を明るく

玄関に大切なことはまず明るさです。明るい電気に交換するなど玄関を明るくするよう心がけましょう。

次にやはり掃除です。特に靴などの脱ぎっぱなしは良くありませんので、必ず片付けるよう心がけましょう。

最後に香りです。生花などを飾るのが良いとされていますが、枯らしてしまうと逆効果ですので、芳香剤などで補ってもOKです。

良い香りの玄関を心がけましょう。明るさ・掃除・香りの3つを覚えておきましょう。次にワンランクアップの玄関開運法を紹介します。

参考記事>>風水で開運!!玄関に置くと良いもの悪いもの、風水の考え方

玄関に鏡を置く

玄関の気の流れを助けるために鏡を置くと開運につながるとされています。鏡は八角形がもっとも良いとされており、部屋から玄関を見て左側に設置するといいとされています。

玄関マットを置く

外からの悪い気を払う大切な役割をしてくれる玄関マットは、常に清潔なものを置いておくようにしましょう。

玄関の入り口外側に一つ、玄関を上がったところにもう一つと、最低二つは置いておくといいでしょう。玄関を上がってすぐの所に置くマットは、コットンなどの天然素材のものを使用するようにしましょう。

玄関に絵を飾る

玄関には香りのために花を飾るのがベストですが、枯らしてはいけないのでお手入れのことを考えて絵を飾ることで代用が可能です。絵を飾る場合にも花の絵が良いとされていますので、お気に入りの花の絵を見つけ、玄関に配置して、開運してみましょう。

風水では気を補充する寝室

2番目に大切な寝室は、風水では気を補充する場所です。毎日寝ている間に開運できるので、寝室のインテリアも開運できるよう変えてみましょう。

寝室で大切なのもやはり掃除です。掃除はすべての基本となりますが、寝室の場合ベッドまでどけて掃除をする必要はありません。ベッド下にモップを入れるなどして掃除をすれば十分です。

次に、寝室の気を逃がさないためにカーテンは2重のものを使用するようにしましょう。レースのカーテンと遮光カーテンを重ねてもOkです。

また、寝る時の枕の方向も大切です。風水でベストなのは北方向です。北方向に枕を置いて寝ることで金運が特に上がるとされていますので、早速始めてみましょう。

間取りなどによって北方向に設置できないという方もいると思いますが、そういった場合には北寄りの方向に枕を置いて眠るといいでしょう。

シェードランプを設置

寝室といえども枕もとを明るく保つことは大切です。シェードランプを置いていけば、寝るまでの作業も楽になりますので、明かりを取り入れる意味でも、ランプを枕元に設置しましょう。もちろん眠る時には明かりを消すようにしましょう。

ベッドのデッドスペースを活用

ベッドの下にはデッドスペースがありますが、ここには寝ている間に良い気が充満する場所でもあります。

せっかくの気をふんだんに取り入れるためにも、ここに衣服など日ごろから頻繁に使うものを収納しておきましょう。それらが良い気を取り入れ、特に人間関係を良くしてくれます。

リビングは明るく良い気を満たして開運しよう

リビングは多くの時間、家族が過ごす場所です。良い気を満たして開運を目指しましょう。ここでも掃除は大切なポイントです。テーブルの上などに物を置かないように気を付けましょう。

東にはテレビを置き、入り口からなるべき遠いところにソファーなどを配置します。ここでもワンランクアップ術を見ていきましょう。

とにかく明るく和やかに

リビングはとにかく明るさを心がけましょう。暗く感じてしまうリビングであればライトなどを設置しましょう。観葉植物で気を浄化させることも開運につながります。

家具は低めのものをチョイス

高い家具は圧迫感があるだけではなく、気の流れを妨げてしまうものです。できれば腰当たりの低めの家具を設置しましょう。

温もりのある天然素材でまとめる

木などのぬくもりを感じることのできる家具やテーブルにしましょう。また、落ち着く柔らかな色を心がけることも大切です。

ガラスや黒の冷たい雰囲気のあるテーブルや皮のソファー、電化製品をたくさん置くのも悪い気を発生させてしまうため避けましょう。

色で開運

風水には色それぞれに意味があります。色の持っている力を活用し開運していきましょう。各部屋のグッズなどにもこうした色を取り入れることで開運につながります。色の持っている力を順にみていくことにしましょう。

恋愛運にはピンク

ピンクはその色からかわいらしいイメージがありますが、風水でも恋愛を象徴する色で恋愛運を上げたいときに用います。

恋愛運が悪いという方は部屋をピンクにしてみたり、ピンクの洋服や小物を取り入れてみましょう。夫婦関係を良くしたいときにもピンクを活用してみるといいでしょう。寝室などにピンクを使ってみるのも夫婦仲が良くなるのでGOODです。

気を浄化させるラベンダー

風水でよく聞くラベンダー色ですが、ラベンダーは気を浄化させてくれる色ということもあり、風水ではよく登場する色です。

紫とは違い、薄紫に近い色で、生活の中にある問題や厄を払ってくれます。気分が落ち込む場合とか、どうも運がついていないときなどは身に付けてみるとその効果が期待できます。

勝負ごとには赤

赤は太陽を象徴する色と考えられており、風水では仕事運や健康運を上げることのできる色です。受験に勝ちたい、仕事で顧客をゲットしたいという時には赤を身に付けてみましょう。勝負ごとに強い色といわれています。

ゴールドで金運アップ

コールドは風水では金運アップの色といわれています。ゴールド似た黄色も金運アップに効果がある色です。

金運を上げたいというのであれば、何かしらゴールドのものを身に付けたり、ゴールドの置物を置いてみましょう。ただし、ゴールドは身に付けると圧迫感もあるためワンポイントとして使用しましょう。アクセサリーや小物で上手に取り入れてみてください。

シルバーで心を落ち着かせる

シルバーは心を落ち着かせる色。疲れがたまって、リラックスしたいときなどにはシルバーを取り入れると心休まります。シルバーの小物は色々ありますので、そうした小物を身に付けたりしてシルバーの効果を活用してみましょう。

新しい試みには白

何色にも分類されない白は、風水でも白紙の意味のある色です。問題を白紙に戻したい時や新しいことにチャレンジしたいときには白をチョイスしましょう。

金運にゴールドや黄色が良いといわれますが、この白と組み合わせることで効果を倍増できます。ほぼどう配分程度で組み合わせて使うことがポイントです。

黄色も金運アップ

風水で、金運には黄色というのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。黄色は西に置くと金運をもたらしてくれる色です。

黄色のカーテンや置物などを西に置いてみましょう。また、お財布に取り入れてみても金運の効果を発揮してくれます。南西にも黄色を取り入れてみるといいでしょう。金運だけでなく、家庭運もアップさせてくれます。

健康運アップには緑

緑は新緑の色ということもあり、風水では健康運にパワーを発揮してくれる色です。健康に不安がある方は、南に緑を取り入れてみましょう。また、気を浄化してくれる観葉植物なども緑ですので、南の部屋に置くと効果的です。

観葉植物は南に限らず、気を浄化したい場所にも置くようにしましょう。電化製品や水回り、汚れたものなどはマイナスの気を発しますので、観葉植物が効果的です。観葉植物の力を借りて家全体の気を上げてしまいましょう。

高貴な紫は使いすぎに注意

紫は昔から日本でも高貴な色です。自分の実力をアピールしたいときなど紫を取り入れた小物を持参してみてください。ただし強い効果があるため、使いすぎは逆効果になります。

仕事運をアップするには青

青は仕事運をアップさせてくれる色です。青い手帳や青いバッグを仕事のおともに使用すると開運効果をもたらしてくれます。また、集中力を高めたいときにも青は効果を発揮してくれます。

間取りの良し悪しと開運法

風水では間取も重要です。吉といわれている方角と悪いとされている方角が決まっていますが、自分の住んでいる家はどうでしょうか。

家の中心部分から見て、各部屋の間取りがどの位置になるのかで吉凶が決まってきます。開運するためにもまずは、良い間取、悪い間取を知ることから始めてみましょう。その上で悪い場合には開運できる色や小物を取り入れるようにしましょう。

玄関の吉凶

玄関に吉といわれているのは、東と南東です。特に南東は、良い運気を取り入れることができる方角とされています。商売などをする場合にも入り口を南東方向に向けることで客を集めることができます。

反対に凶といわれているのが、鬼門となる北東や西の玄関です。西に玄関がある場合、金運が悪くなると言われています。こうした位置にすでに玄関がある場合には、金運をアップさせるものを玄関に飾るなどするといいでしょう。

キッチンの吉凶

キッチンもやはり東や南東に設けるのが良いとされています。北にあると恋人や夫婦の仲が悪くなってしまうので要注意です。北にある場合には恋愛運を上げるピンクのグッズをふんだんに取り入れるようにしましょう。

リビングの吉凶

リビングには東や南東、または北西が適しています。家族の中を深め、健康に保ってくれる方角です。それ以外にリビングがある場合には、緑色のものや観葉植物を積極的に配置して気の力を保つよう心がけましょう。

子供部屋の吉凶

子供部屋に適した間取りは北方向です。北は子供のやる気を発揮させてくれる方角で、勉強のできる頭のいい子にしてくれます。

反対に西や南西に子供部屋があると、勉強よりも遊び好きに成長してしまいますので、ブルーのカーテンなどを使い集中力をアップさせてあげる工夫をしましょう。

トイレ、お風呂の吉凶

トイレは鬼門である北東は避けた方が良いです。北や北西が良いとされていますが、真北を避けることが大切です。真北よりも少しずれた位置にあるのが理想とされていますので、自分の自宅を確認してみましょう。

お風呂も同じく鬼門や真北を避けるのが良しとされています。北や北西、東や南東にあるのが理想です。他の方位にトイレやお風呂がある場合には白を基調とした壁や小物を置き、観葉植物など悪い気を浄化してくれるものを置くよう心がけましょう。

風水で悪い間取だったときはどうする?

間取はすでに家やマンションを購入している場合、簡単には変えることのできないものです。悪い位置にそれぞれの間取りがある場合には、どうすることもできません。

ですが、風水はトータル的な要素で運気を考えるものですので、それを打ち消す作用のあるグッズや色などを配置することで全体的なバランスを取ることができます。

悪い場所にはその悪い気を良い気に変える工夫をしてみましょう。そうすることで全体の気の流れが良くなります。風水で開運したいのであれば、悪い間取に関しても、良い気の流れを作る努力をしてみましょう。

まとめ

風水の開運法を一気に紹介させていただきましたが、これさえ押さえれば、風水での開運も今すぐに始めることができます。早速自分の家や持ち物をチェックして、気の流れをよくする風水開運法を始めてみましょう。たちまち、運気も上昇していきますよ。


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
開運習慣