第七チャクラの役割

第七チャクラの役割!自己超越?すべてを受け入れ望む自分に

ヨガやアーユルベーダでよく耳にするチャクラ。人には7つの主要なチャクラがありますが、一番上位に位置し、霊的な感性や創造に影響し、高次元へと繋がる場所とされているのが第七チャクラです。

未来に対する希望がない、自己嫌悪に陥る、生きる目的を見失うなどの状態にあるとき、第七チャクラのバランスが崩れているのかもしれません。

そこで今回は、第七チャクラの特徴や、第七チャクラのバランスの整え方などについてご紹介します。

関連記事
>>チャクラで運気が上がる?チャクラの基本的な意味や働きを知ろう
>>運気を上げる魔法の言葉!言霊の強力なパワーで幸せを呼び込もう

第七チャクラの特徴

第七チャクラは頭頂部の百会というツボのあたりに位置し、クラウンチャクラや、サハスラーラともいいます。

他の六つのチャクラとは異なり、身体を超越したエネルギー、霊性を象徴し、スピリチュアルな意識と繋がり、すべての叡智を司っている場所です。

高次元からのメッセージやビジョンなどを受け、自分の使命を理解したり、霊的な覚醒に深く関わる中枢のチャクラです

※チャクラについては、チャクラで運気が上がる?チャクラの基本的な意味や働きを知ろうの記事を参考にしてください。

チャクラ名 クラウンチャクラ、サハスラーラ
位置 頭頂
エネルギーカラー
テーマ 霊性、無欲
キーワード 瞑想、信仰、祈り、過去世、悟り
内分泌腺 松果体
臓器 脊椎、神経系
体の部位 頭蓋骨上部、大脳皮質、皮膚
知覚 自己の超越
元素 宇宙エネルギー
対応パワーストーン アメジスト、フローライト、ルチルクォーツ、スギライト、セレナイト、ダイアモンドなど
対応アロマ フランキンセンス、ラベンダー、ローズウッド、サンダルウッド、クラリセージ、ジャスミンなど
活性化する年齢 なし

第七チャクラは、スピリチュアルな理解ができるようになるだけではなく、直観力やインスピレーションなどにも関わっているため、天運に恵まれ、天職で活躍できたり、九死に一生を得ることがあったり、チャンスを活かせる人生を送ることができます

そして、目に見えないあらゆることに対して理解できたり、自然や動物、人間など、すべては本来一つであり、繋がっているという一体感を感じることができたり、神さまや宇宙など高次元からのメッセージを受け取るなど、いわゆる「悟り」の境地に達する状態になるのも、このチャクラの働きによるものです。

過去世とも深い関わりがあり、過去から未来の経験を通して自分がこの世に生を受けた真の使命に気づいたり、自分だけではなくすべての人の幸せを探求し、より高次の目的に向かって生きていくことができます。

また、欲に支配されることがなくなるため、自分自身が存在することに深く感謝し、さまざまなことを受け入れることができます。

ただし、例え高次元からメッセージがもたらされたとしても、ハートチャクラである第四チャクラが開いていなければ、愛を持って受け取ることができず、第五チャクラが開いていなければ、そのメッセージを言葉に変換することができないなど、第一から第六までのチャクラがバランスよく機能していないと、第七チャクラの機能も適切に働くことができません

第七チャクラは、宇宙からのパワーを受け取るだけでなく、他のチャクラに流れるエネルギーの出入り口としての
場所でもあるのです。

第七チャクラが不調だとどうなるの?

第七チャクラが正常に機能していると、宇宙と繋がり、より高いレベルで人生をまっとうしていくことができるため、どんなことが起きても慈悲と許しを持つことができ、すべての物事に感謝と愛を持って生きていくことができます。

すべての人格を統合する役割があり、すべてのことに対しての気づきや、大いなる力との繋がりなど、スピリチュアルな事柄や、運命、宿命などに深く関わっているため、第七チャクラが乱れていると、何もかも信じられなくなったり、否定的になり、理由もなく不安になったり恐怖に襲われるなど、生きる目的を失い、魂的に生きづらい状況になってしまいます。

また、松果体を司るため、頭痛、偏頭痛、睡眠障害、ホルモンバランスの崩れ、慢性疲労などがある場合は、第七チャクラのバランスが崩れているのかもしれません。

・何をやってもうまくいかない
・何もかも信じられない
・すべてに対して否定的になる
・運が悪くいつも願いと逆のことばかり起きる
・決めなければいけないことが決められない
・本当の自分は何なのかさっぱりわからない
・目に見えるもの以外信じない
・孤独感や疎外感を感じる
・自分の居場所がない
・常に不安に駆られている
・躁鬱のような浮き沈みの激しい感情が出る
・スピリチュアルなことに依存しすぎている
・頭痛、偏頭痛、慢性疲労がある

以上のような状態がいくつもあてはまる場合は、第七チャクラに何かしらの問題を抱えている可能性が高いといえます。

第七チャクラの活性化について

第七チャクラは、活性化しやすい時期は特になく、一生開かない人も少なくありません。

そもそも、第一から第七までのすべてのチャクラが完全に活性化する(=覚醒する)ということは、肉体を超越して、神霊の世界に住むようになるということなので、ほとんどの人がその境地に達することがないでしょう。

すべてのチャクラにおいていえることですが、重要なのはバランスです。チャクラは閉じすぎていても、開きすぎていてもその能力を適切に発揮することはできないのです。

もし第七チャクラだけが過剰に開きすぎていると、フラストレーションが溜まり、いつも実力を出し切れないという感覚があります。また別の次元の世界に心が引っ張られすぎて、妄想癖や虚言癖などがあらわれるという状態になってしまう場合も。

しっかりと地に足をつけた状態で、第一チャクラからすべてのチャクラを整えていくと、自然と第七チャクラも開いていくのです。

第七チャクラを整える方法

では、第七チャクラを整える具体的な方法について見ていきましょう。どのチャクラにも共通する基本的な方法としては、そのチャクラの色を意識する、パワーストーンをもつ、アロマオイルを使用する、などです。

他にも瞑想やヒーリングなど、さまざまな方法がありますが、ここでは自宅でもできる簡単な方法をいくつかご紹介します。

エネルギーカラー

第七チャクラのエネルギーカラーはバイオレットです。感性を鋭くし、インスピレーションを高めてくれる性質があります。

古くから高貴な人にのみ着用が許されていた、地位の高さを象徴する色で、高級感や高貴なイメージがあるとともに、情熱の赤と冷静の青の相反する色が共存しているため、二面性を持ち、ミステリアスを感じさせる色でもあります。

想像力をかきたて感性を豊かにしたい時、緊張や不安を和らげ穏やかになりたい時は、紫のストールやハンカチ、シャツなどの服や小物を身につけてみましょう。

紫キャベツ、紫芋など、紫色の食べ物を食べるのもおすすめです。

パワーストーン

第七チャクラと共鳴しているのは、霊性を高めたり、才能や潜在能力を引き出す、宇宙的な波動を生み出す性質のあるものや、紫や白、透明のパワーストーンなどです。

アメジスト、フローライト、ルチルクォーツ、スギライト、セレナイト、ダイアモンドなどを身に着けたり、部屋に置くことで、第七チャクラの機能を高めたり、バランスを整える手助けになってくれます。

第七チャクラはすべてのチャクラのエネルギーが融合されたような性質があるため、他のチャクラに共鳴するパワーストーンも多くあります。ちなみに、すべてのチャクラに関わっているのが水晶(クリスタル・クォーツ)です。迷ったときは水晶を選んでおくとOK。

ただし、パワーストーンの扱いには注意が必要で、購入した時点でマイナスのエネルギーが入っているものもあるため、信頼できるお店で購入しましょう。

また、使っている内にマイナスのエネルギーが入ってしまうので、時々浄化するのを忘れないようにしましょう。

関連記事
>>パワーストーンで開運したい!効果的なパワーストーンの選び方
>>おすすめの天然石7選!開運に効くパワーストーンの選び方

アロマ

自然由来のアロマオイルは、その香りを嗅ぐことでそれぞれのチャクラを刺激し、正常な状態に整える効果があるとされています。

また、アロマオイルの香りは好みもありますが、それぞれのチャクラに対応するアロマオイルを嗅いでみて、嫌だな、苦手だなと感じる場合、そのチャクラが滞っているサインである場合も

アロマオイルもパワーストーン同様、他のチャクラにも対応する精油が多くあります。代表的なのはジャスミンやフランキンセンス、ラベンダーで、特にフランキンセンスは第一チャクラとつなげる重要な精油ともいわれています。

第七チャクラの不調を感じるときは、これらのアロマオイルの香りを嗅いだり、身にまとったりしてみましょう。ホットタオルにアロマオイルの香りを染み込ませ、頭の上に置いてみるのも効果的。ホホバオイルなどで薄めて、ヘッドマッサージをするのもおすすめです。

ただし、アロマオイルは有効成分が高濃度に凝縮されているので、直接肌につけると刺激が強すぎて肌トラブルを起こしてしまいます。必ずキャリアオイル(植物油)で薄めてからつけてください

また、赤ちゃんや小さなこどもに使用してはいけません妊婦さんは、量に気を付けなければいけないものや、使ってはいけないアロマオイルもあるため、注意して使用してください

関連記事
>>アロマテラピーで運気アップ?運気別のおすすめアロマオイル
>>香水をまとって運気UP!?願いが叶う香りと正しい香水のつけ方

ヘッドマッサージをする

現代社会は情報が多すぎて、常に何かを考えている状態が続くため、頭が凝り固まりやすく、第七チャクラのエネルギーの流れが滞りやすくなってしまいます。

そのため、ヘッドマッサージで頭をゆるめましょう。頭をゆるめてリラックスすることで、高次の世界と繋がりやすくなります。

未経験のことにチャレンジする

今まで行ったことのない場所に行ったり、食べたことのない物を食べたり、未経験のことを体験することも第七チャクラを整える効果的な方法です。

特に、高い目標にチャレンジして自分の限界を超えると、新たな発想がひらめくようになるなど、今までの自分より高い次のステージに進むことができるようになります。

第七チャクラに活性化するヨガのポーズ

ヨガをしている方は、頭立ちのポーズ、鶴のポーズ、肩立ちのポーズが効果的。上級者用のポーズになるため、安全にバランスが取れる人だけが行うようにしてください。

逆さになるポーズのため、高血圧や月経期間中の方は控えましょう。

まとめ

第七チャクラは、他のすべてのチャクラのバランスが整ってはじめて開くことができ、またその機能を正常に働かせることができます。そのため、第七チャクラのみ活性化することを意識しても意味がありません。

第七チャクラが整っていると、人生において起きることが、いいことでも悪いことでもすべて必然だと感じ、受け入れることができます。愛を持った人間関係を築き、希望と勇気に満ち、どんな困難をも乗り越える力を持つことができます。

第七チャクラは、これまでご紹介してきたチャクラの総仕上げです。すべてのチャクラを意識し、整えていくことで、大地と宇宙との繋がりを感じ、肉体的にも精神的にも進化と成長を遂げることができるのです。望む自分を手に入れ、あなたの人生を、愛と感謝に満ち溢れたものにしてくださいね。


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
開運習慣